休職中の傷病手当の申請方法や受給期間を解説します

injury-allowance 休職一般

うつ病、適応障害などで休職中に心配なのが生活のことですよね。休職中は給料がでない会社が多く、その間も社会保険料はかかってきます。そんな時に活用したいのが傷病手当です。傷病手当は、健康保険に加入していれば申請可能です。今日はそんな傷病手当についてみていきましょう。

休職中は給与の支払い義務はない

そもそも休職は労働基準法に定めがなく、会社独自の制度です。そのため、会社から給与を支払う義務がありません。よって休職中に給与が出るかどうかは、会社の就業規則などに定められた規定に従う形になります。自分の会社は休職中も給与の支給があるのかについて、就業規則を確認してみましょう。

傷病手当とは

傷病手当は、健康保険によって定められている制度で、業務外の病気やケガによって働けない場合に、加入している健康保険組合から給付金を受け止ることができます。

傷病手当給付の条件

傷病手当は、社会保険に加入している、また連続して4日以上仕事を休んでいるなどの条件がそろっている場合に、申請することで受給することができます。

  • 社会保険に加入している
  • 業務外の事由による病気やケガの療養
  • 仕事に就くことができない状態であること
  • 連続する3日間を含み、4日以上仕事に就いていないこと

社会保険に加入していることが条件なので、パートなどで出勤日数が足らず、国民健康保険に加入しているという場合は対象になりません。また業務外の事由による病気がケガである必要があります。(業務上の場合は労災となります。)

仕事に就ける状態である場合は、支給されません。一般的には医師の診断書などで就労不能の判断をされている場合が該当します。また、連続して4日以上、仕事に就いていない必要があり、2日休んで1日出勤してという場合には、条件を満たしません。

                              傷病手当金

支給される期間

傷病手当金

傷病手当金の支給期間ですが、支給を開始した日から通算して1年6か月となります(令和4年1月1からの改正のため、令和2年7月1日以前が支給開始日となっている場合は、支給開始日より最長1年6か月)。そのため、休職期間が1年6か月を過ぎると、その後は無給となってしまう可能性があります。

支給金額

傷病手当金の支給金額は、おおむね給与の3分の2の金額となります。

協会けんぽ


支給開始日以前の期間、健康保険への加入期間が12か月に満たない場合は、次のいずれか低い額を使用して計算します。

①支給開始日の属する月以前の直近の継続した各月の標準報酬月額の平均
②標準報酬月額の平均値
 30万円(※):支給開始日が平成31年4月1日以降の方
  ※当該年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額

傷病手当金について、詳しい情報はこちらをご覧ください。

傷病手当の申請方法

傷病手当は健康保険協会に申請します。医師の診断書などの書類を用意する必要があります。

傷病手当の支給希望を会社に伝える

傷病手当を受給したい旨を会社に伝えます。

健康保険傷病手当金支給申請書を記入する

用紙は計4枚あります2枚は被保険者(自分)、3枚目は事業者用、4枚目は主に医師に記入してもらう形になります。

健康保険傷病手当金支給申請書を提出する

会社経由で提出しても自分で提出しても構いません

傷病手当金の支給は、申請から2~3か月かかる場合もあります。受給する場合はできるだけ早く受給するようにしましょう。

傷病手当を有効活用しよう

傷病手当は、国から認められた制度です。休職中は特に生活の不安があると思うので、ぜひ、有効活用してください。

この記事を書いた人

保有資格(産業カウンセラー、行政書士、社会福祉士)
生活相談員やグループホーム、障害福祉事業所の勤務などを経て、
現在は東京にて生きづらい人のためのコミュニティを運営中。

giogioをフォローする
休職一般
giogioをフォローする
リワーク・ラボ~休職者のためのオンラインコミニティ~

コメント

休職者同士が集まるコミニティ、リコネクトラボ
今すぐ参加
タイトルとURLをコピーしました