休職と有給の関係は?有給は貰える?使える?疑問を徹底解説

paid 休職一般

ただでさえ金銭的にも苦しく、焦ってしまうのが休職中ですよね。そんな時に気になるのが有給休暇の取り扱いです。給料がでない休職中、有給休暇を取得し給料を貰えるのか?またそもそも休職中は有給を算定するための出勤日となるのか。本記事では休職と有給の関係について解説します。

有給休暇とは

有給休暇について簡単に説明しておきます。有給休暇とは、労働基準法によって定められた制度の一つであり、39条に定められています。

使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

労働基準法39条

例えば、週に5日、普通にフルタイムで働いていた場合は、六ヶ月後に10日の有給休暇が与えられ、その後は1年おきに有給が発生することになります。有給休暇とは、文字通り給料が発生する休暇であり、働いていなくても給料を控除されることはありません。

また、原則として有給の申請をされたら使用者は拒否できず、やむ終えない場合のみ、時期の変更を労働者に依頼することができます。

有給休暇は休職中に使える?

では、有給休暇を休職中に使うことが出来るのでしょうか。結論からいうと、有給休暇を休職中に使うということはでいません。有給休暇は、あくまでも出勤を予定する日に使うものであって、元から休日となっている日に使うということは出来ません。

休職期間中は就労を免除されている日です。そのため、有給を使うことができないのです。そのため、もし有給を使うのであれば、休職中に使うのではなく、休職をする前の期間にまとめて使う、または休職後退職をする際に使う、といった使用方法になるでしょう。

休職期間中は有給の算定の対象となる?

また、もう一つ気になるのは、休職期間が有給の算定対象の出勤日になるかどうかという点だと思います。有給は、定められた全労働日の8割以上を出勤することで付与されます。つまり、休職期間を出勤日とみなされなかれば、有給は付与されないことになるのです。

これについは、休職自体が会社独自の制度となるため、会社が決定権を持ちます。つまり、会社によって算定対象になったり、ならなかったりするということです。そのため、人事に確認するか、または就業規則などを見直してみるといいでしょう。

有給が使えなかったらどうすればいい?

有給が使えなかったら、休職中の給与はどうなるの?と考える方も多いと思います。その場合は、傷病手当を貰えるように手続きをするといいでしょう。もしできるのであれば、有給消化→傷病手当という流れが理想です。これから休職をするが、有給を消化してから休職に入りたいという場合は、会社の人事の方に相談してみましょう。

使えるものは有効活用する

休職中は体調面の不安もさることながら、金銭的な不安もありますよね。有給の扱いがどうなるのかは重要なポイントだと思いますので、把握しておくようにしましょう。

この記事を書いた人

保有資格(産業カウンセラー、行政書士、社会福祉士)
生活相談員やグループホーム、障害福祉事業所の勤務などを経て、
現在は東京にて生きづらい人のためのコミュニティを運営中。

giogioをフォローする
休職一般
giogioをフォローする
リワーク・ラボ~休職者のためのオンラインコミニティ~

コメント

休職者同士が集まるコミニティ、リコネクトラボ
今すぐ参加
タイトルとURLをコピーしました