うつで会社を休職したら、どうやって過ごしたらいいの?休職の平均期間は!?

ustukyuusyokukikan 休職一般

うつ病で会社を休むことになった。これまで仕事を頑張ってきて、不調になり、休職。そんな人生の流れの中で、お休み中をどう過ごせばいいのかわからず不安という方や、そもそもどれくらい休めばいいのか、周りの情報を知りたいという方もいると思います。

お休み中って何をするか、

悩みますよね。。。

ここでは、社会福祉士の私が休職期間中の過ごし方や、平均期間などを紹介いたしますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

休職したらどれくらいまで休んでいいの?

休職は会社が決めるため、きまった期間はない!

うつ病など、私傷病での休職は、公的な制度ではなくあくまでも会社側が用意したものになります。そのため、どれくらいまで休んでいいのかという決まりはありません。

一般的には、就業規則等で休職期間を定めている会社が多いようです。

勤続1年で12.6カ月と約1年に達し、同5年で17.3カ月、同10年で20.3カ月、同20年で21.6カ月となりました。勤続1年と同20年とでは9カ月の差が生じています。また、勤続1年を100とすると、同5年137、同10年161、同20年171

私傷病欠勤・休職制度の最新実態

※休職期間というのは、会社が雇用関係を継続しつつ、会社を休んでもいいですよ、という期間のことです。

データから見る限り、勤続年数が長いほど、休職期間も長くなる傾向がありますね。

平均的な休職期間は?

では、実際に休職している人の平均的な休職期間はどれくらいになるのでしょうか。約40%は、三ヵ月以内に復帰しています。対して、20%の人は1年を超える休職となっています。

休職していると、早く復帰しなくてはと焦ってしまうかもしれませんが、休職は休むための時間ですから、焦らずしっかりと休息するようにしましょう。

休職中は何をして過ごしたらいいの?

うつ病から休職になると、その時間何をして過ごせばいいということに悩むと思います。特に一人暮らしなどだと、孤独ですし、とても辛いですよね。

うつのせいで体が思うように動かない。やる気が出なくてしんどい。その他にも、少し元気になったけど、とにかく暇。そんな日もあるのではないでしょうか。ここでは、実際の休職者の体験などをもとに、休職中の過ごし方をご紹介します。

とにかく休む

うつで休職している人にありがちなのが、頑張ろうとしてしまうことです。みんなが働いているのに、自分は休んでもいいのかと自分を責めて、何かしなきゃという気持ちになる方がとても多いのです。

しかし、休職期間はお休みのための時間です。気兼ねなく、ゆっくり休んでください。

好きなことをする

うつになってお休みすることになった今、心はとても疲れている状態です。そんな時は心の赴くままに好きなことをしてみましょう。これまでやってこなかった趣味だったり、昔好きだったことなど、とにかく心が喜ぶことに取り組みましょう。

運動する

運動は幸福成分であるセロトニンを出してくれます。少し近所を散歩する、10分~15分程度の簡単なランニング、家でマットを使ったヨガなどでも構わないので、ぜひ試してみてください。

リワークに通う

リワークとは、return to workの略語です。うつ病や適応障害で職場に通えなくなったという人だったり、人間関係などで仕事を辞めてしまったという方が、職場復帰のためにリハビリをする場所です。お近くの地域名とリワークで検索すると、様々な施設が出てくると思いますので、みてみてくださいね。

休んでいいんです。

休職中は、とにかく休んでいい期間だということを忘れないようにしましょう。焦る必要はありません。あなたの本当の人生はここから始まるのです。

この記事を書いた人

保有資格(産業カウンセラー、行政書士、社会福祉士)
生活相談員やグループホーム、障害福祉事業所の勤務などを経て、
現在は東京にて生きづらい人のためのコミュニティを運営中。

giogioをフォローする
休職一般
giogioをフォローする
リワーク・ラボ~休職者のためのオンラインコミニティ~

コメント

休職者同士が集まるコミニティ、リコネクトラボ
今すぐ参加
タイトルとURLをコピーしました